ランナーをアウトになるためには、フォースプレーと、タッチプレーがあります。野球って難しいお話ですね。

2018年03月07日

とっきー BLOG

野球と、とっきー

シェア大歓迎です!

はい、週末少年野球コーチのとっきーです。

今週末?先週末っていうのかな?・・・。
少年たちに大変難しいお話しをしてきました。

フォースプレーとタッチプレーについて

1番かんたんに説明すると、守備側がランナー(走者)をアウトにするときのお話で、ベースを踏んでアウトにするときと、タッチしてアウトにするときのちがいです。

こんなこと、3年生以下の小学生に教えなくてもいいんじゃないかって言われてしまいそうですが、これを知っているのと知らないのとではプレーにずいぶんと差が出てくるものです。

タッチが必要な場面ではしっかりタッチをしてアウトにしてほしいし、フォースプレーができるところでは勇気を持ってダブルプレーを狙ってほしいのです。

プロだと、いとも簡単にダブルプレーをとりますが、理屈はフォースプレーだからベースを踏むだけでアウトになるということ。

進塁義務があるときはフォースアウト!

進塁義務

文字のごとく、バッター(打者)は、ボールを打つと進塁義務があります。

大丈夫でしょうか?

進塁義務があるから打ったバッターは1塁に走るわけで、せっかく打っても1塁に行かなきゃアウトになってしまいます。

レフトの前にいい打球を打っても、バッターが1塁に行く前にレフトから1塁にボールが届けられたらアウトになってしまいます。

言葉を変えただけで同じ内容ですがいかがでしょうか???

これと同じように、運よく1塁に行くことができたとき、次のバッターがゴロを打ったら、1塁ランナーには進塁義務があるので2塁に行かなくてはいけません。

ベースがうまっていると表現しますが、次のときに各ランナーに進塁義務があります。
・1塁にランナーがいるとき
・1塁2塁にそれぞれランナーがいるとき
・1塁2塁3塁にそれぞれランナーがいるとき=満塁
・1塁3塁にランナーがいるときの1塁ランナーのみ(このとき2塁にランナーがいないので3塁ランナーには進塁義務はありません)

そして、今日1番お伝えしたいのは、進塁義務があるときはフォースアウトになる。ということ。

タッチは不要で、ベースを踏むだけでアウトになるフォースプレー

フォースアウトとは、ランナーに進塁義務があるとき、そのランナーが次の塁に着く前に、その塁にボールが届けられたらアウトになることをいいます。
(ボールを持った野手がベースに触れるだけでアウトになる)

(例)進塁義務があるとき、バッターランナーは1塁、1塁ランナーは2塁、2塁ランナーは3塁、3塁ランナーはホームにボールを届けられたらアウトになります。

そして、ランナーが1塁にいるときにバッターがピッチャーゴロを打ったとき、まずはピッチャーが2塁にボールを届けて1塁ランナーをアウトにしても、バッターランナーにはまだ進塁義務があるので、バッターランナーが1塁に到達する前に2塁から1塁へボールを届ければバッターランナーもアウトにすることが可能です。

はい、1度のプレーでアウトを2個取ることをダブルプレーといいます(俗にゲッツーともいう)

強いチームは確実にダブルプレーをとってきます。

これをやってほしいんだよ。

結果的にダブルプレーをとれないにしても、ランナーを次の塁に進むことを阻止してもらいたいものです。

そのために、進塁義務とフォースプレーの知識が必要だと思うんだけどいかがでしょうか?

難しいのはわかっていますが、いつかこの知識は必ず必要なときがやってくる。まずは、その時のためのお勉強です。

次は、タッチプレーについて考えていきましょう!

とっきーコーチのお仕事はコチラ
     ↓↓↓

シラカ化粧品は、毎日が楽しくなることをお手伝いする化粧品です。まずは、お肌をもっちもちに保湿したいというアナタにオススメなスキンケアシリーズはこちらです。
↓↓↓
北海道ニセコ連邦の麓、蘭越町で育ったシラカバの木が育んだ樹液をベースに、美容成分を豊富に含むスキンケアシリーズSIRACA

毎年4月、北海道蘭越町にある山林に入り全て手作業で採取するシラカバ樹液をベースに、美容成分を豊富に含むSIRACAはうるおい、つや、透明感を補うべく、ローション、エッセンス、クリームでしっかりとスキンケアしたいと思っているアナタにオススメのスキンケアです。

シェア大歓迎です!