目指すは速いボールよりも強いボール。そして強いボールを投げるためにいっぱい考えよう。

2018年02月06日

とっきー BLOG

野球と、とっきー

シェア大歓迎です!

はい、週末コーチのとっきーです。今週末もしっかり練習してきたよー。

本来の担当は3年生以下のチームですが、たまに上級生のピッチングコーチを務めさせていただきます。いや、初めて務めさせていただきました。
一応、ボクはピッチャー経験なので、強いボールを投げるための知識はそこそこあります。
そこで、少しでも上級生の選手たちが強いボールや良いボールを投げられるようにと思い、手伝わせていただきました。

ま、担当があるとはいえ、チームの選手は全員が上達することを望みます。

目指すのは速いボールではなく、強いボール

昨年から見ているけどうちのチームの選手たち、そんなに強いボールを投げられません。と言うのが本心。ごめんね。
だけどそんなの当たり前です。誰しもがここから練習して、努力してようやく強いボールを投げられるというものだとボクは思う。
フォームの個性はあるにしろ、もうちょっとこうした方がいいのになーっていう点がいくつもあります。

手取り足取り

ピッチングといっても、たったの1球のボールを投げるに当たって考えることはいくつもあります。
きっと誰しもが速く強いボールを投げたいと思っているものの、実際にはどうだろうか?
そして、強いとか速いとかっていう感覚は結局は自分の指標であって、ダルビッシュ投手のように150キロのボールを投げると誰しもが速いと思うけど、小学生だと何キロが速いというのかは、???となります。

実際には、時速90キロでも打たれないことはあるし、120キロを出しても打たれるということもあります。
だから、ボクはあえてうちのチームの選手には強いボールを投げた方が良いと伝えています。

そりゃ、速いボールを投げられるなら速いボールの方が良いに決まっているけど、ボクはピッチングにおいて大事なことは、スピードよりもボールの威力だと思っています。
回転が多くかかったボールや、強い回転のかかったボールの方が確実に威力があります。
いわゆる伸びのあるボールであったり、キレのあるボールというやつですね。

小学生だと体格がモノを言うことも多少あり、身体が大きい選手の方がやっぱり速いボールを投げれられます。
ただ速いボールを投げられても、ボールに威力があるかといえばそうではない。ボールが伸びていないといくらスピードがあっても打たれます。

威力のあるボールを投げことを考え、回転の強いボールを投げるために、足腰や体幹の強さであったり粘りであったり、腕の振りであったり、指先の感覚が必要になってきます。
強いボールを投げることができたら、身体が大きくなってきた時、必ずスピードが乗ってきます。

1球1球、何を意識しているか

それでは、強いボールを投げるためにはどうするか?

これをいかに意識するかです。

1球1球、どうしたら良いボールを投げられるようになるか考えること。
ただ漠然とキャッチボールやピッチング練習をしても、良いボールは投げられるようにはならない。
いつまで経っても良いボールにならない。

選手には個人個人に伝えたこともあるし、自分で考えて欲しいからあえてここには書かないけど、良いボールを投げるためにはそのための身体の使い方があります。
足をあげる時、足をおろす時、身体を捻る時、腕を出す時、考えることはたくさんあります。

今は2月だからじっくり考えながらやってほしい。
照準は5月の大会なんだからそこに向かって、練習したら良いと思う。

ただね、強いボールを投げるという意識だけは常に持って練習に励んでほしいと思う。

参考にと思い、ボクも投げました。

室内で大人が投げると威圧感あるね

本当はバッティングの練習のために投げることになったんだけど、せっかくの機会だからちょっと強めにボクも投げました。
本当は、この時期はスイングを固めるために遅いボールを打つのがセオリーだと思うけど、色々なことを考えながらやるとこれくらいのボールを投げられるようになるっていうことを示したかったのです。

37歳、松坂世代のとっきーコーチ、きっと今でも本気を出せば120キロくらい出ると思う。
だけど、ボクも小さい頃はボールがお辞儀をしているし、勢いのあるボールなんて投げていなかった。
でも、いっぱい考えて練習したよ。背だって170ないし、決して恵まれた体格ではないけど大学の時には140キロ以上のボールを投げることができたのは、たくさん考え、悩み練習したからです。

小学生に強度のあるトレーニングは必要ないと思うけど、考えながら練習することは大事だと思います。

まずは、どうしたら良いボールが投げられるのか考える。
わからなければ聞く。
チームの監督やコーチに聞く。
みんなそのためのネタは持っています。
だから監督やコーチはどんどん使った方が良い。

何を聞いたらいいのかわからなければ、他の人が言われていることを自分はどうなのか考えてみるのも良い。

ボクももちろん、監督やコーチは選手が上達することを望んでいます。いかに選手がうまくなるかを常に考えています。
どんどん監督やコーチを使ってください。

とっきーコーチはいつでも力になります。
みんなでがんばって上達しようじゃありませんか!

こんな笑顔なのは筋肉痛が来る前だからです

多少に無理をしてでも、筋肉痛になることがわかっていてもとっきーコーチが伝えたかったことはこんなところです。
中5日、ゆっくり身体を休めてまた土曜日がんばります。

とっきーコーチのお仕事はこちらの化粧品です。
シラカ化粧品は、毎日が楽しくなることをお手伝いする化粧品です。まずは、お肌をもっちもちに保湿したいというアナタにオススメなスキンケアシリーズはこちらです。
↓↓↓
北海道ニセコ連邦の麓、蘭越町で育ったシラカバの木が育んだ樹液をベースに、美容成分を豊富に含むスキンケアシリーズSIRACA。

毎年4月、北海道蘭越町にある山林に入り全て手作業で採取するシラカバ樹液をベースに、美容成分を豊富に含むSIRACAはうるおい、つや、透明感を補うべく、ローション、エッセンス、クリームでしっかりとスキンケアしたいと思っているアナタにオススメのスキンケアです。

シェア大歓迎です!