皮膚にも体にもなくてはならないビタミンB。美肌のためにも、脳のためにも、生きていくのに必要なビタミンです。

2018年03月08日

NEWS

SIRACA BLOG

美容に関すること

美肌にタンパク質が欠かせない理由

シェア大歓迎です!

多くの情報から自分に必要な情報だけを選ぶために必要な成分がビタミンBです。

ビタミンBは、皮膚だけではなく、全身の細胞の1つ1つのエネルギーを作り出すのに必要な成分です。

ビタミンBが足りないと集中力が低下したり、思考がまとまらなかったり、覚えられなくなったりと、脳の働きが悪くなります。

体内で起こっているたくさんの反応には、「酵素」が関わっていますが、ビタミンB群がないと、この酵素はうまく働くことができません。

タンパク質と鉄を摂っても、ビタミンBがないと、何もかもうまくいかないのです。

体に必要なビタミンBはたくさんの種類があり、個々が協力しあっている

ビタミンBはビタミンB群といわれるように、さまざまなものがあるが、体に必要なメインのビタミンBは8種類。

「B1、B2、B6、ナイアシン、パントテン酸、B12、葉酸、ビオチン」

これらが、個々に協力しあってその効果を発揮します。

ビタミンBもチームワーク

要するに、ビタミンB1だけを摂取しても、単体では働きが悪いためにあまり効果が期待できないということです。

皮膚をはじめ、身体の各細胞の中には、エネルギーを生み出す工場のようなものを持っています。

さらにこの工場の中には、エネルギーを作るシステムがあるのですが、8種類すべてのビタミンBが揃っていないとうまく回りません。

ビタミンBは、こうして細胞1つ1つのエネルギーを毎日作り出しているのですが、ビタミンBがないと、タンパク質の吸収にも悪影響が出なくてなるだけではなく、身体の中で起こっているいろいろな化学反応を起こすのに必要な「酵素」の働きもうまくいかなくなります。

全身に酸素を送り届ける赤血球を作るのには鉄が必要ですが、ビタミンB12葉酸も必要です。

これらがないと赤血球が膨らんで、大きくなりすぎてしまいます。

赤血球が大きくなりすぎてしまうと、身体の末端の毛細血管には通ることができなくなってしまうのです。

ビタミンB2B6は皮脂の酸化を防ぎ、過酸化脂質を分解します。

ナイアシンは、皮膚の炎症を防いでくれます。ナイアシンがないと、赤くなったり、ただれたり、日光アレルギーが出ることもあります。

このようにビタミンBは、皮膚にも、そして体全体にもなくてはならない存在です。

ビタミンBも、動物性タンパク質から

それでは、ビタミンBは何から摂るか?

ビタミンBは野菜からも摂取できますが、大した量は摂れません。

やはり動物性タンパク質からです。動物性タンパク質から摂取すれば大量に摂れるうえに、吸収も良いので非常に効果的です。

ビタミンBを摂るなら豚肉

ビタミンBを摂るなら豚肉です。赤い肉を食べましょう!

ビタミンBのサプリだけで足りていますか?サプリで数種類のビタミンBは摂れていますか?

今飲んでいるサプリ、本当に意味があるのかもう一度考えてみるのもいいかもしれませんね。

美肌だけでなく、脳の働きのことも考えて、ビタミンBが豊富に含まれている豚肉を食べましょう。

食事とスキンケアは美肌づくりの両輪。お肌に良い栄養素を食事で摂り入れ、お肌に必要は成分をスキンケアでしっかり補給していきましょう。

シラカ化粧品は、毎日が楽しくなることをお手伝いする化粧品です。まずは、お肌をもっちもちに保湿したいというアナタにオススメなスキンケアシリーズはこちらです。
↓↓↓
北海道ニセコ連邦の麓、蘭越町で育ったシラカバの木が育んだ樹液をベースに、美容成分を豊富に含むスキンケアシリーズSIRACA

毎年4月、北海道蘭越町にある山林に入り全て手作業で採取するシラカバ樹液をベースに、美容成分を豊富に含むSIRACAはうるおい、つや、透明感を補うべく、ローション、エッセンス、クリームでしっかりとスキンケアしたいと思っているアナタにオススメのスキンケアです。

シェア大歓迎です!